忍者ブログ
このサイトでは脂肪吸引で必要不可欠な情報を紹介しております。
 * ブログ内検索 *
スポンサードリンク


2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2006/12/29 (Fri)
脂肪吸引の基礎知識より中性脂肪とコレステロール

脂肪には、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、
リン脂質の4種類が存在するそうです。

コレステロールも脂肪の一種で、コレステロールは目に見えない脂肪、
中性脂肪は目に見える脂肪というふうに理解すればよいみたいです。

コレステロールも中性脂肪と同じ様に、
体にとってはなくてはならない存在なのですが、
体に貯まりすぎると害になってしまいます。

コレステロールは私たちの体の細胞の細胞膜をつくる材料になったり、
男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの
ホルモンや、胆汁酸の原料にもなっているそうです。

コレステロールは、私たちの体に欠かせない物質であり、
1日あたり1〜1.5gは必要のようです。

しかし、必要量を超えたコレステロールは、
など、体に害を及ぼしてしまうとのこと。

やはり日ごろの食生活で、
摂り過ぎないように注意する必要があるのですね。


生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。
名前の由来はコレステロールが最初に発見された胆汁であり、
胆汁中で結晶化したものが胆石の原因となる。

これらの液晶の持つ分子の配列の仕方には特徴があり、
そのような分子の配列を持つ液晶はコレステリック液晶と
総称されており、カナブンのようなメタリックな色彩を
示す甲虫の構造色はこれによると考えられている。

多くの動物でステロイド合成の出発物質であり、
また動物細胞の細胞膜などの脂質二重層構造を
持つ生体膜の重要な構成物質である。

人間では肝臓で合成され血液中のリポ蛋白により
全身に輸送される。
PR
スポンサードリンク


2006/12/29 (Fri)
脂肪吸引の基礎知識にて
中性脂肪とは〜脂肪〜

中性脂肪とは、現在世界の高脂血症治療の
最先端・最高峰を示すATP-IIIというステートメントでは
中性脂肪も立派に補正すべき存在へと戻った。

特にメタボリックシンドロームの診断基準に
取り入れられ注目されている。

脂肪酸とグリセリン(グリセロール)が結びついて中性を
示す事から「中性脂肪」と呼ばれる。

生活習慣病における中性脂肪の扱いは複雑で、
一時期は完全に無視されるに至ったこともあった。

つまりLDLコレステロール(悪玉コレステロール)や
HDLコレステロール(善玉コレステロール)が重要とされ、
中性脂肪は軽視された。


「脂肪」といわれているのは、中性脂肪(トリグリセライド)なのです。

脂肪組織は部位によって皮下脂肪・内臓脂肪などと分類されていますが、
いずれも中性脂肪が蓄積したものであるのです。

中性脂肪の主な役割 は、以下のようになります。


<エネルギーの貯蔵>


体内に蓄積される中性脂肪は、エネルギーが不足すると、
脂肪細胞に分解されて血液中に放出され全身に運ばれます。

そして体内各部分の細胞が正常に活動するための
エネルギー源となるのです。

1グラムあたり 糖質⇒4kcal  
たんぱく質⇒4kcal  
脂肪⇒9kcal と、糖質、たんぱく質に比べても、
大変優れたエネルギー源になります。
(肥満の方にとってはかなりのカロリー源ですが)

ちなみに、1キロカロリーは、水1リットルの温度を
1度上昇させる時に必要となるエネルギーのことです。

わずか1キロカロリーの違いでもエネルギーとして
見ると大変な違いになります。

脂肪1gを燃焼させるためには、中性脂肪の場合、
0℃の水1リットルを9℃にまで上昇させるだけの
エネルギーが必要になってくるのです。

大変な量のエネルギーなのです。


<内臓を外部の衝撃から守る役割>

多少何かにぶつかっても、「痛い」だけですんでいるのは、
中性脂肪のおかげなのです。

内臓など体内の重要な器官を衝撃から
守るクッションのような働きをしています。
(あまりにも激しい衝撃の場合は別です。気をつけましょう)

脂肪細胞から多くの生理活性物質が分泌されていることが
近年の研究からわかってきています。

これらの物質は、アディポサイトカインと呼ばれています。
(ちなみに。「アディポ」というのは脂肪という意味です。)

アディポサイトカインは、身体の様々な機能を
維持する為に重要な役割を果たしています。

中性脂肪が多すぎたり、少なすぎたりすると、
アディポサイトカインのバランスが崩れ、
ホルモンの分泌や免疫系、血液の状態、生殖機能などに
様々な障害を引き起こす恐れがあります。


<体温維持>

寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割りを果たします。
衝撃から体を守ります。

寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割があります。
体内の中性脂肪の量が極端に減ると、
体温の調節機能に障害が出ます。
スポンサードリンク


2006/12/28 (Thu)
脂肪吸引の基礎知識にて体重と体脂肪

体重が純粋な体の「重さ」であるのに対し、
体脂肪率とは体重に占める「脂肪の割合」のこと。
人間の体は主に水分と筋肉と脂肪でできており、
脂肪は生きていくためにある程度は必要。

体重は標準でも体脂肪が高ければ「隠れ肥満」になってしまうのだ。
BMI値は、心臓病、高血圧、糖尿病といった生活習慣病や
ある種のガンなどに対するその人の危険率(リスク)を
決定するかなり正確な指標であることが分かっている。

計算方法

体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

理想的なBMIは19.8〜24.2の間。

では、さらに詳しく体重と体脂肪の関係についてですが、

理想的なボディーを手に入れたいのならば、
「体重」を減らすことよりも「体脂肪」を
減らすことが大切です。

どうしても体重にばかりが気になりますが、
大切なのは、脂肪を減らすことなのです。

体重から脂肪だけを取った重さを「除脂肪体重」といいます。

除脂肪体重には、骨、筋肉、血液など、
生命維持のために欠かせないものが含まれています。

短期間で体重を減らした場合、減った重量の、ほとんどが水分で、
次に筋肉、骨、血液となります。

肝心の脂肪はほとんど減っていないようです。

体重はあくまでもその人の重さを示したものです。

飲んだり食べたりすれば、体重が増えるのは当然なのです。

それが体重です。


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *