忍者ブログ
このサイトでは脂肪吸引で必要不可欠な情報を紹介しております。
 * ブログ内検索 *
スポンサードリンク


2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2006/12/29 (Fri)
脂肪吸引の基礎知識より白色脂肪細胞褐色脂肪細胞とは

白色脂肪細胞は、脂肪を蓄える組織である油滴からできていて、
この油滴に脂肪が大量に蓄積されています。

運動した場合に消費されます。

白色脂肪細胞は、全身のあらゆるところについています。
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多くつきやすいようです。

白色脂肪細胞は、母親の体内にいる時、
生後一年間、思春期などに、とくに増えますが、
これらの時期以外でもカロリーを
多く摂りすぎることによっても増えるようです。



褐色脂肪細胞は、貯蔵できる脂肪が白色脂肪細胞よりも少なく、
首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りなどにつきます。

体温を維持するために、体内に蓄積された余分なカロリーを
熱に替え放出させる働きがあります。ありがたい働きですね^^。

褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減少してゆき、
成人になると生まれた頃の半分以下に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、
基礎代謝の低下と共に、褐色脂肪細胞が減ってくることも
大きな要因となっているようです。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し太りにくく、そうでない人は、
エネルギーの消費も少なめということになりますので
太りやすいといえます。

また褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって操作されるそうです。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子が変異してしまっている人がいて、
このような人たちは、そうでない人に比べ基礎代謝量が低く、
太りやすい体質になっています。

ちなみに日本人の3分の1はこの遺伝子が変異しているといわれています。
3人に1は、太りやすい体質であるということですね。

遺伝子の変異はどうすることもできませんが、
努力次第では、この褐色脂肪細胞を活性化することが可能だそうです。

それは、寒さや冷たさなどの寒冷刺激を与えることだそうです。
(特に冷たい水(18度程度)の中で泳いだりするとよいみたいですよ。)

また、昼間は、しっかり身体を動かして活動し、夜は早めに床につき、
充分に睡眠をとる、など、メリハリのある生活を続けると
褐色脂肪細胞の働きがよくなるそうです。


白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の説明をもう少し
ポイントをまとめてみましょう。


人間の体内に存在する脂肪細胞には、
白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、
とくに下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、
内臓の回りなどに多く存在しています。

体内に入った余分なカロリーをの形で蓄積する
働きがある。

一方、褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り、脇の下、
肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、体内に
蓄積された余分なカロリーを熱に替え、放出させる働きの
あるありがたい細胞です。

褐色脂肪細胞の働きが活発な人はエネルギーを
たくさん消費し、活発でない人は、エネルギーの
消費も少なめということになりますが、
この褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によって
操作されます。

遺伝子の仕業なら仕方がないことですが、
努力次第で褐色脂肪細胞を活性化することも
できます。

褐色脂肪細胞の働きもそのひとつです。
PR
スポンサードリンク


2006/12/29 (Fri)
脂肪吸引の基礎知識より脂肪増減のメカニズムとは


脂肪増減のメカニズについて説明します。

脂肪細胞の中には油滴という脂肪を貯めておく
袋のようなものがあります。

食物から摂取した脂肪や糖は、脂肪酸とグリセロールに
分解され、血液に運ばれてこの油滴に貯蔵されます。

食べた脂肪分が直接脂肪として蓄積されるわけではないのです。

太っている人は、油滴の袋が大きく膨らんでいる状態です。

痩せるためには、この油滴に入っている脂肪を
運動によってかき出し、油滴の袋を小さくする
必要があります。

脂肪は日中の活動している間は、身につきにくく、
活動していない就寝時につきやすい傾向があります。

寝る直前に食べると、太りやすくなります。

筋肉も就寝前に効率良くつきます。

就寝前の筋肉運動は有効のようです。

また、日中の活動期でも食事をした後、
余分に摂取した糖分や脂肪分は脂肪として各細胞に
エネルギーを蓄えようとしますから、
長い間食が日常的に繰り返されていくと、
脂肪細胞は厚みを増していくのです。


人の体には、脂肪を貯める専門組織=脂肪組織と
いうものがあります。

脂肪組織を構成しているのが脂肪細胞です。

食物から得た脂肪と糖は、脂肪酸とグリセロールに
分解されてから、血液に運ばれてこの油滴に
貯蔵されるのです。

筋肉も就寝前の方が効率良くつきます。
スポンサードリンク


2006/12/29 (Fri)
脂肪吸引の基礎知識より脂肪細胞について


ダイエットの話題などで脂肪細胞って良く聞く言葉だと思います。

でも脂肪細胞って何って思っている人も少なくないと思います。


脂肪細胞を知らなくて、痩せる為に脂肪細胞を減らすとかいって

いますが、では、その実態はどうなんでしょう。


実際に脂肪細胞は減るものなの減らないのかが、
一番の問題ですが、実際には脂肪細胞は減らないんです。

では、脂肪細胞について詳しく説明します。


脂肪細胞の数全体は幼児期(ほぼ3歳まで)に
決定されてしまうそうです。

それ以降は、思春期にほんのわずか増える程度か、
増殖型肥満などの特殊な場合をを除いて、
数の増減はありません。

子供のころから太っている人は、脂肪細胞の数が
増えているため、痩せにくい傾向にあります。

一度増えてしまった脂肪細胞は、その後、数を
減らすことができません。

ですから、痩せるためには、蓄積される脂肪細胞の大きさを
変化させることにかかっているといえるようです。

脂肪細胞は、風船のように、細胞が膨らむと太り、
逆にしぼむと痩せる性質があります。

ダイエットでスリムになるということは、
この脂肪細胞を縮ませることなのです。 


肥満ということは、遺伝よりもはるかに
後天的な要因のほうが多い。

まずは、お母さんの妊娠末期の3ヶ月。

つまり、お母さんのおなかにいる胎児の時期。

乳児の時期。母乳やミルクを飲んで育っていく時期。

そして、3回目は、子供から大人に変わっていく思春期のころ。

脂肪細胞の大きさも、誕生後から増大し、
6歳のときには生まれた時の約3倍。

人間の脂肪細胞の数は、250〜300億個もあるそうです。

成人になっても、800〜1000億個を上限に増え続けるらしい。

つまり、若いときに痩せていたからって、
ちっとも安心はできないんだってこと!!

脂肪は、脂肪細胞の中の“脂肪球”と
いわれる油滴の中に蓄えられている。
そして、その総量は、脂肪細胞の数と、
1個1個の脂肪細胞の脂肪球の中の脂肪の量によって決まる。

ダイエットをする目的は、脂肪細胞の中の脂肪球に
蓄えられている脂肪の量を減らしていくことになる訳です。


ダイエットにより、脂肪が燃焼されると、
脂肪細胞のサイズはしぼんでいきます。

脂肪を燃焼させるには、酸素を有効に取り入れる運動が必要。

そして、その取り入れた酸素を有効に使うためには筋肉が必要。

脂肪を燃焼させるためには、適切な筋肉を鍛えるのです。





※ 

増殖型(過形成性) 肥満は、脂肪細胞の数そのものが増えていく肥満で、
主として乳幼児や子供の肥満に多く 見られるタイプです。


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *