忍者ブログ
このサイトでは脂肪吸引で必要不可欠な情報を紹介しております。
 * ブログ内検索 *
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
スポンサードリンク


2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2007/01/01 (Mon)
切らない脂肪吸引方法

チューメセント法とは

Tumescent Technique
(チューメセント法=スーパーウエット法=ハイパーウエット法)

チューメセント法とは、鎮痛効果や脂肪細胞を
ふやかす効果を持つ溶液を吸引前に注入する方法で、
最も一般的な方法です。

溶液は、エピネフリン(止血作用、麻酔効果増強)や
リドカイン(局所麻酔剤)を大量の生理食塩水で
希釈したものであり、これにより鎮痛効果と
出血抑制効果を実現した。

注入量は脂肪吸引予定量の1〜3倍が目安であり、
注入後は皮下脂肪が固く膨張する。

1990年にチューメセント法が開発される以前は、
出血量が非常に多く輸血を必要とする手術であったが、
チューメセント法が確立されてからは輸血が
必要となるケースは少なくなったようです。

脂肪吸引は開発から最初の10余年は、
血液吸引などと揶揄される位に出血が多く、
昭和60年代は自己血輸血
(自分の血液を3週間位前に取って術中輸血する)が
行われていました。

Dr.木村もその頃から脂肪吸引を開始し、
大変物騒な手術との感を持っていました。

また吸引管が外国製の太い物が多かったせいもあり、
凹凸醜形もザラでした。
それがチューメセント法
(吸引前に水溶液を多量に脂肪層に浸潤)の
確立で様相が一変し、ほとんど出血せずに大量に
吸引できるようになり、また凹凸も見なくなりました。


チューメセント法で使われる溶液で脂肪組織が
柔らかくなることで、吸引できる脂肪の量がも増え、
微小血管などへのダメージも少なくなり、出血、
腫れといった術後の合併症が
軽減されるようにもなりました。

チューメセント法が開発される以前は、脂肪吸引の施術は、
出血量が非常に多く、輸血を必要としましたが、
この方法が確立されてからは、輸血が必要となるケースは
大幅に減少したようです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *